BLOG

YouTube関連動画に表示させる4つの方法

YouTube関連動画に表示させる4つの方法

YouTubeで重要な指標となる視聴回数。この視聴回数を増やすには、他のYouTube動画の関連動画として掲載されることが重要です。

そこで今回は、YouTubeの関連動画に載る方法を4つご紹介します。

動画視聴者のペルソナを設定する

動画視聴者のペルソナを設定する

まずは、自分のチャンネルで公開している動画が、どんな人にとって役に立つものか、どんな人に見て欲しいのかを明確にすることが大切です。

直接的には関係ないと思われるかもしれませんが、これから紹介する関連動画に掲載される方法を実践する上で非常に大切なことです。

※ペルソナについてはこちらの記事がおすすめ「今さら聞けない「ペルソナ」とは。意味やマーケティングでの活用方法、作り方も解説!

キーワードを意識する

キーワードを意識する

動画のペルソナが定まったら、次は公開する動画のタイトルを決めます。その際に重要なのが、キーワードを意識することです。

この動画を視聴したユーザーが、どんな検索ワードでたどり着いて視聴に至るのかを想像することによって、動画で伝えたいことやコンセプトが自然とはっきりとしてきます。

このように伝えたいことがタイトルをみるだけで分かる状態になっていれば、他の動画との関連性も高くなりやすいため、関連動画として表示される可能性が高くなります。

また、キーワードを意識することは、関連動画に掲載されやすくなるだけではなく、動画自体が検索結果の上位に表示されると言ういわゆるYouTubeSEO対策にもなるのです。

すでに公開済みの動画でもタイトル変更は可能なので、伸びていない動画はキーワードを意識してタイトルを付け直してみるのも良いでしょう。

タグの設定を徹底する

タグの設定を徹底する

続いて、タイトルの次に大切なタグの設定方法についてです。タグは動画の設定画面で入力できるものですが、このタグもタイトル同様に他の動画との関連性を判定する指標の一つと言われています。

自分の動画の関連動画になりやすいものを探して、その動画と同じタグを設定してみると良いでしょう。

また、他の動画のタグを調べるには、GoogleChromeの拡張機能などの利用が必要です。YouTube上ですぐに確認できるものではないため、少々面倒ではありますが、タグ一つで効果は大きく違います。

※Google Chromeの拡張機能についてはこちらの記事がおすすめ「Google Chromeの「拡張機能」とは

再生リストで動画を整理する

再生リストで動画を整理する

続いては、再生リストです。YouTube上で作成できる再生リストには、自分のチャンネルにある動画だけではなく、他のチャンネルの動画も一緒にリストとしてまとめることができます。

特に同じジャンルの動画をまとめると、同じ再生リストにある動画が関連性のあるものとして判定される可能性が高く、再生リストを介しない視聴の場合でも関連動画として表示される場合があります。

まだYouTubeチャンネルを開設したてという方は、他の動画の力を使って自分の動画を成長させられるため、特にオススメの方法です。

今回は、YouTubeの関連動画に載る方法を4つご紹介しました。確実に効果を得るためには、今回ご紹介した4つの方法を上から順番に一つずつ行いましょう。

ただ、投稿している動画が少ないと効果はほとんど無いので、動画投稿は継続的に行いつつ、今回紹介した関連動画に掲載されるための方法も継続的に実施してください。

Youtube運用のお問い合わせはこちら
https://page.line.me/beastar