BLOG

インスタグラムのキーワード検索が日本でもいよいよ導入!順位の上げ方は?いつから?どんな機能?

インスタのキーワード検索が日本でもいよいよ導入!順位の上げ方は?いつから?どんな機能?

どうもカイシャインです!今日は、いよいよ日本でも導入間近と言われているインスタグラムの「キーワード検索」についてお伝えしていきます。今までインスタグラムは「ハッシュタグ検索」しかできませんでした。

大阪でイチゴのスイーツが食べられるカフェを探す場合、Googleなら「大阪 イチゴ カフェ」で検索したらその内容の記事がずらずら出てきます。インスタグラムの場合は「#イチゴスイーツ」で検索すると、表示された全国のイチゴスイーツの中から大阪のカフェを探したり、「#大阪カフェ」で検索して、大阪の全てのカフェの中からイチゴのスイーツがあるお店を探していました。

検索として使うには結構扱いにくいSNSでしたが、いよいよインスタグラムにもキーワード検索が導入されます。「インスタグラムでもGoogleみたいな検索ができるようになる」このフレーズだけでも、もうインスタがついに世界を獲るような、そんな未来も予感させる変革ですよね。

下記の内容をご紹介していきます。

  1. インスタグラムのキーワード検索はいつから?
  2. インスタグラムのキーワード検索の機能について
  3. キーワード検索が導入されたらインスタグラムはどう変わるのか
  4. Googleとインスタグラムのどっちを使う?検索の使い分けられ方
  5. インスタグラムのキーワード検索で上位表示されるためには?

Youtubeでも公開していますので、ぜひご覧ください。

インスタグラムのキーワード検索はいつから?

このキーワード検索は、実はもう海外では去年から導入されていて、英語圏6カ国(アメリカ、イギリス、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)でスタートしています。

そしていよいよ日本にも導入されるということなんですけど、2月上旬時点では「いつから日本でもキーワード検索解禁!」っていう発表は出てないんですよ。

今回は現時点で公開されている情報に加えて、インスタグラムにキーワード検索が導入されると一体未来はどう変わっていくのか、どういう準備をしておけば「キーワード検索の波に乗り遅れないか」をSNSマーケティング会社を経営している僕の知見を交えてお話ししていきます。

ということで、インスタグラムのキーワード検索の日本解禁がいつなのかという件に関しては、現時点では未確定なので、みんなで情報を待ちましょう。

インスタグラムのキーワード検索の機能について

海外のキーワード検索の画面をご紹介します。ハッシュタグなしで、Googleみたいにスペースで区切った単語で検索できるようになっています。

海外インスタのキーワード検索

Instagramのキーワード検索は、googleやyahooでのキーワード検索と同じようなシステムになっているみたいです。Instagram内の「検索タブ(虫眼鏡アイコン)」から調べたいキーワードを入力をすると、予測変換で候補、関連するアカウント、ハッシュタグが複数ヒットします。

当てはまるキーワード候補をタップすると、そのキーワードに関連した投稿や、さらに絞られたワード検索ができるようになっています。「コリアン スキンケア」で検索した結果に「コリアン マスク スキンケア」という3単語でも結果も表示されているので、複数のキーワードでの検索が可能と判断できますね。

この画面見てるだけでもワクワクしてきません!?インスタグラムが検索しにくいのはかねてから言われていて、それでも頑なにユーザーの声に耳をかけ向けなかったインスタ子ちゃんがついにデレた瞬間ですよ!

今までは、メンズの韓国ファッションのコーデを見たいと思ったら「韓国コーデ」や「メンズコーデ」で検索して、その中で韓国っぽいものを探したり、「メンズの韓国コーデをまとめているアカウント」を探してその中で気に入ったファッションを探すなど、検索結果まで周りくどかったです。

この「キーワード検索」によって、ユーザーはよりスピーディーに欲しい情報にたどり着けるようになります。

キーワード検索が導入されたらインスタグラムはどう変わるのか

「キーワード検索」によって、多くの人が情報収集にインスタグラムを活用するようになると、さらに重要になってくるのが「保存機能」です。

多くの情報がユーザーを通り過ぎていくので、その中で「この情報は役に立つな!」「あとで見よう!」と思ってもらえるような投稿作りをして保存してもらわないと、今後インスタグラムの中で生き抜いていくのが厳しくなってきます。

今までは「ハッシュタグ検索」という制限があったから、近しい情報でも「一応保存しておこう」という心理も働いていたと思いますが、今後はよりダイレクトに情報にたどり着くので、より精度の高い内容の投稿が求められるようになってきます。

「精度の高い投稿ってなんなん?」っていう質問の答えとしては、「どんな人が、どんな時に検索して、そんなタイミングで活用するかを相手の目線に立って考えて作られた投稿」ということになります。

そしてその投稿の指標になるのがインサイトで確認できる「保存数」ということになるので、これからはより分析と改善にも力を入れていかないといけませんね!

分析と改善の方法については、下記の動画が参考になると思うので、良かったら見てみてください。

Googleとインスタグラムのどっちを使う?検索の使い分けられ方

SNSに求められるのが「公式情報」ではなく「ユーザーが作ったコンテンツ、口コミ」なことは「キーワード検索」導入後も変わらないので、検索エンジンとしてはそこで使い分けられます。

Google検索は基本的に「より充実した多くのリンクを集めているページ」が上位にヒットする仕組みです。良質で分かりやすい情報に出会える一方で、必然的に公式情報が多くなり、 “リアルな声” とは離れてしまいます。

逆にInstagramでは、コンテンツのほとんどが個人によって作られたものです。なので、カメラマンが撮影したガチッとした写真よりもインスタグラムっぽい写真が求められたり、商品のレビューや口コミの投稿が人気を集めます。

この時点で全く用途が違いますよね。ただ、今まではインスタグラムで気に入ったものを見つけたら、その後Googleで検索して商品を買ったり、お店に行ったりしていたのが、Google検索を挟まなくなる可能性が高くなりそうです。

インスタグラムがキーワード検索を導入するということは、確実に「ショッピング」などのユーザーの実際の行動に関する部分も強化されるはずなので、「ショッピング機能」がより充実したり、企業向けに新しい「広告枠」が作られる可能性も大いにあります。

そうなると「インスタグラム」→「Google」→「行動」だった流れは完全に「インスタグラム」→「行動」の直通ルートになるので、企業は今までよりもインスタ上でのアカウント作りに力を入れていかないと、一気に時代に置いていかれてしまう可能性もありますね。

インスタグラムへの「キーワード検索」の導入はそれくらい大きな改革になる可能性がありますね!SNSマーケティングの会社をやっている立場としてはこれから未来がどう変わっていくのか今から楽しみです!

インスタグラムのキーワード検索で上位表示されるためには?

僕も実際にインスタグラムの「キーワード検索」を使ったわけじゃないので全機能を知らないし、あくまで予想にはなりますけど、SNSマーケッターの立場で色々予想してみました。

インスタグラムにもSEO対策が必要になる

Google検索でいうと、Google検索するといっぱいサイトが出てくるじゃないですか、そのいっぱい出てくるサイトの中で自分のサイトを上位に表示させたり、サイトにきてくれる人の数を増やすことを「SEO」といいます。

なので、サイトが上位にくるようにサイト内を修正することを「SEO施策」なんて言い方をしています。で、このSEOはもちろん激ムズです!

Googleにとっては、山ほどあるサイトの中で、あるキーワードで検索してくれたユーザーにとって最良のサイトを上位に表示させたいわけです。例えばGoogleで検索しても、全然的外れなサイトばっかり出てくるとか、スパムサイトが出てくるってなると、もうみんなGoogle使わなくなっちゃうでしょ?

そうならないために、検索エンジンの会社は日夜より良い情報を見つけ出すシステムを開発しています。そして、サイトを作る側としては、そのシステムに対応してサイトが上位に表示されるようにサイトを改修していくわけです。この追いかけっこが、今後はインスタグラムとユーザーの間で行われていくことになります。

現時点でインスタグラムは「キーワード検索」の検索結果について「コンテンツの種類・キャプション・投稿の日時、などの多くの要因を考慮し、関連する検索結果を明らかにする」と発表しています。

そして、機械学習を使い「利用ユーザーに関連した品質の高い投稿を発見する」こともできる」とも発表しています。

キーワード検索にはキャプションの文章が重要になる

もちろん今までのようにエンゲージメントを増やすために写真やデザインにも気を使わないといけないんですけど、「キーワード検索」については今度「キャプション(文章)」の部分がより重要になってきます。

「キーワード検索」ができる状態というのは、検索の対象がハッシュタグではなくなるということになります。

今までは大阪のカフェに行った時に、可愛い写真を撮って、お店の位置情報をつけて、「限定のイチゴのスイーツ食べてきた!めっちゃ美味しかったからみんなも行ってみて!」ってキャンプションつけて、#大阪カフェ とか付けていたと思うんですけど、これだとキャンプションに「大阪 カフェ」というキーワードが入っていないので、検索に上位に来ない可能性があります。

例えば「今日は大阪の梅田にある〇〇っていうカフェに行ってきたよ!限定の苺スイーツがめっちゃ絶品!大阪にイチゴのスイーツ扱ってるカフェはいっぱいあるけど、○○のイチゴスイーツは最高!他府県の人も大阪に遊びにきたら梅田の〇〇に遊びに行ってみてね!」みたいな文章でキーワードをうまく散りばめないと、検索で上位に表示されない可能性があります。

この辺の話はあくまで予想です。キャプションが重要になってくることは間違い無いので、今のうちから文章を書く習慣をつけておくのがいいかもしれません!

まとめ

今日はよいよ日本でも導入間近と言われているインスタグラムの「キーワード検索」についてご紹介しました。今まではハッシュタグでいかに表示させるかが重要でしたが、今後はインスタグラムの世界にもSEO対策が入ってきます。

うちみたいなマーケティング会社もいかに早く「キーワード検索」で上位表示させられるかの法則を掴んでお客様をサポートしていけるかが競合との差別化の鍵になってきます。

【関連記事】

インスタグラムのアカウント運用代行・コンサルティングはBEASTARへ

SNS運用に取り組むとなると、するべきことは非常に多岐にわたります。インスタグラムだと、どのようなアカウントにするかのトンマナ設計やプロフィール考案、撮影や投稿文章のライティングや分析などなど、その他にも様々な業務が発生します。

そんなときは当社にお任せ!当社はSNS運用のプロです。こういった面倒なことや、SNS運用を成功させるためにお気軽にご相談ください。

インスタグラム運用代行のサービス詳細はこちら