BLOG

Instagram運用で重要!リーチ数アップにつながるハッシュタグの効果的な選定方法

Instagram運用で重要!リーチ数アップにつながるハッシュタグの効果的な選定方法

ビジネスでInstagramを活用する際、フォロワー数獲得が一つの重要な指針となり、フォロワー数を増やすことが不可欠です。そのため、より多くの人に投稿を見てもらい、アカウントの存在を知ってもらうために、#(ハッシュ)タグの活用は欠かせません。

実はこのハッシュタグ、付け方を工夫するだけでより大きな効果が得られるのをご存知でしょうか?

今回はInstagramにおけるハッシュタグの効果と、ハッシュタグの選定方法についてご紹介します。

ハッシュタグでより多くのユーザーに投稿を届ける

ハッシュタグは投稿をより多くのユーザーに届ける方法

Instagramでは、発見タブ(虫眼鏡アイコン)からハッシュタグ検索を行うことで該当ハッシュタグが付いた投稿が表示されます。ハッシュタグを付けて投稿することで、フォロワー以外のユーザーに投稿を見てもらいやすくなります。

また、投稿に付けたハッシュタグが、発見タブ(虫眼鏡アイコン)で上位に表示されると、多くのユーザーがあなたの投稿を見ることになります。

効果的なハッシュタグの選定方法

効果的なハッシュタグの選定方法

より多くのユーザーの目に留まるような効果的なハッシュタグの選定方法には、いくつかポイントがあります。

日本語と英語を織り交ぜる

英語表記のハッシュタグを付けることも、海外ユーザーに投稿をリーチでき有効です。また、英語表記のハッシュタグから「いいね!」などのリアクションが増えると、他のハッシュタグのページで上位表示されやすくなる可能性もあります。

ただ、ターゲットが日本のユーザーのみの場合は、英語ハッシュタグはつけなくてもいいでしょう。目的に合わせたハッシュタグを付けることが大切です。

ハッシュタグはなるべく多くつける

1つの通常投稿に付けられるハッシュタグの上限は30個(ストーリーズ投稿は10個まで)です。ハッシュタグを多くつけるほど、その投稿がユーザーから発見される可能性が高くなります。

しかし、ハッシュタグを付けすぎると、投稿の内容がハッシュタグで埋められて目立ってしまうため、見た目が悪くなってしまいます。そうならないためにも、ビジュアルとの関連性が低いハッシュタグは使わない、本文の文章を増やすなどの工夫が必要です。

ハッシュタグの表示ボリュームを確認する

ハッシュタグを入力してみると、そのハッシュタグが何件の投稿に付けられているかが表示されます。ハッシュタグの効果は、この表示ボリュームによって大きく左右されます。

表示ボリュームの大きさの目安は以下の通りです。

  • 表示ボリューム大:5万件〜
  • 表示ボリューム中:1万〜5万件
  • 表示ボリューム小:〜1万件

表示ボリュームが大きいワードは、そのハッシュタグを閲覧するユーザーも多いですが、その分、ページの上位に投稿が表示されるのは難しいです。反対に投稿件数が少ないワードは、ページの上位に表示される可能性が高いものの、閲覧するユーザーは少ない可能性も高くなります。

先ほどご紹介した上限いっぱいにハッシュタグをつけても、それが表示ボリュームが大きいものばかりだと、ライバルも多く上位表示されません。ボリュームの大きいものから小さいものまで、バランスよく付けて投稿することが大切です。

ハッシュタグは投稿内容に合ったタグをバランス良くつける

ハッシュタグは投稿内容に合ったタグをバランス良くつける

今回はInstagramにおけるハッシュタグの効果と、より良いハッシュタグの付け方について、ご紹介しました。

  • ハッシュタグで投稿をより多くのユーザーに届ける
  • ターゲットに合わせた適切なハッシュタグを見つける
  • 表示ボリュームを見極めてバランス良くつける

上記ポイントを意識し、ハッシュタグを上手に活用してアカウントを成長させましょう。

Instagram運用のお問い合わせはこちら
https://page.line.me/beastar